マンション査定を学びましょう

マンション売却の査定について

マンション売却の査定について マンションを売却する際の査定の流れ及びポイントについて説明いたします。
まず、初めに診どの業者に依頼するかから始めます。
特定の不動産会社よりも複数の不動産会社に計算してもらって比較するのがおすすめです。
最近は一括して数社から計算してもらえるサイトもあるので、それらのサイトを利用するのも一つの方法です。
通常査定の場合の必要項目としては、立地、築年数、構造、駅から近いか、周囲の店舗公共施設の充実度を噛みして計算されます。
立地として遊離なのは、都心三区にあるかです。
都心三区とは、中央、千代田、港区です。
この都心三区の場合には、かなり高い値段がつきます。
次に、23区内にあるかです。
24区でも山の手線の内側ですと、高い値段がつきます。
立地は大事な要素ですが、売却する物件に現在借り手入居している人が、家賃の滞納があると厄介で、高い値段がついても、買う側は二の足を踏みます。
マンションを売却する際には、これらの要素を総合的に判断して査定されることとなります。

マンション売買の手順と査定の申し込み方

マンション売買の手順と査定の申し込み方 マンションを売ろうと決めたなら、売却する前に、マンションの査定を不動産会社でしてもらいます。
申し込みの方法は電話かネットで行えます。
査定の方法は、実際に見ることなく、客観的なデータだけでおこなう机上査定と、マンションを訪問し、個別事情を踏まえたうえで、行う訪問査定があります。
できれば机上と訪問と両方行い、業者によって差が出るので複数の会社に依頼をおこないます。
次にマンション売買の手順ですが、何も問題がなければ、媒介契約を凍結します。
媒介契約は、一般媒介、専任媒介、専属媒介の三つがあり後者に行くほど不動産会社に任せる割合が高くなります。
不動産が売れた場合、買付証明書を取得し、物件の引き渡し日の詳細を決め、内容が決定したら、不動産媒介契約となります。
そのときに印紙代や印鑑、免許証、印鑑証明書等の必要な書類を用意して不動産会社に行きます。
その他の手順として、ローンが残っている場合には銀行で抵当権抹消の相談を行います。
また代金の受け渡しは、金融機関で執り行われます。